上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.08.19  森林浴
先日、両親と日帰り避暑へ行ってきました�</div>

<div class=
スポンサーサイト
2008.07.22  厄払い
先日、京都の神社へ厄払いに行きました。
厄年なのです。(年齢バレるよね~)

暑いし、体調よくないし。で少々心配もしましたが、
以前から、厄払いは京都の神社で。と何故か心に誓っていたので
なんとも時期外れな、厄払いのお参りになりましたが行って参りました。

で、祇園さんの付近はぜーったいに混んでいるので、避けよう。
ということで、祇園には好きなお店もあるけれど、今回は我慢です。
人ごみはとにかくしんどいです
なんとなく、吉田神社に行ってきました。
行ってみたかったカフェにも寄りやすそう、という事が決め手です
不純かしらね~。

観光客らしき人は、私と母だけ。
ゆっくりと観てくる事が出来ました。
お祓いも初体験。緊張しました。
普段は入れないところなんでしょうね。本宮のところでお祓いです。
(多分、本宮…)
本宮の前、柵で仕切られた内側は、とても涼しく感じ、
静かで、ご祈祷をあげてくださっている声がするだけ、のような気がしました。
とっても、神聖な空気が流れているような…。
後から、母親に
「中は涼しかったね~。」
と言ったら、
「うっそ!めっちゃ暑かったよー
あんたおかしいんじゃない!?」
とか、言われましたが。おかしい、まで言わんかっても…
神様のお下がりと、お守りなどをいただいて、
お祓いは終了。
なかなか貴重な体験だったと思います。

八百万の神様や、お菓子の神様にもお参りをして、
吉田神社を後にしました。
ちなみに、お菓子の神様には、
私:「おいしいお菓子を、どんどん生み出してください。」
母:「おいしいお菓子を、たくさん食べられますように。」
同時に、声に出してお願いしてました。
似た者親子でした

そして、お目当てのカフェに寄り、
アフタヌーンティーセットをランチ代わりにいただきました。
おいしい紅茶を飲んで、生き返るようです。
暑い中を、歩いてきたかいがあったというもの。
久しぶりに、ちゃんとおいしく紅茶をいれてくれるお店でした。

あっちこっちへと行く事はできないけれど、
ひとつのところでゆっくり過ごす事ができて、満足です。

また、もう少ししたら
次回の京都の旅を企画しよう。

そして、お払いしたので、
きっとこれからの私に、災難はないはず。
きっと、ないはず。

今回行ったところ。
吉田神社
Tea Holic

2007.11.23  京都への旅
ただいまでございます。
昨日帰ってきたのですが、今日一日ほとんど動けず…。
倦怠感と頭痛と憂うつ感といっしょに、今日を過ごしていました。
旅行に行ってきて、「楽しかった~~」って気持ちを持ち続けるならともかく。
帰ってきて、翌日憂うつ感が強いって、どうなのよ。
ええ。だれか教えてください��������

* * * * *

なかなか決まらなかった行き先。
詩仙堂~曼殊院門跡 に決定。

出来るだけ、混み合うようなところは避けたくて、
詩仙堂方面は、少し外れの方に位置しているからいいだろうと予想して。
しかし、私の考えは甘かった…。

よっく考えてみれば、バスは途中、哲学の道方面のお寺さんに行く人達も、同じバスに乗るのだから混むし、詩仙堂は36枚の詩人の絵と詩が在る事で有名だし、曼殊院門跡も紅葉の名所だと言うし。混まない訳が無いじゃん。

我慢だ、我慢。と念じてバスに乗り。
詩仙堂も、曼殊院門跡もステキなお庭なのだが、
寒さと、人の多さになかなかカメラのシャッターチャンスを待っていられなくて。
後ろがつかえるのでは、他の人が見にくいのでは。と思うとカメラをじっくりのぞいていられません。
だから、写真はとっても今ひとつな感じのものばかりだと思う。

2007/11/21詩仙堂門

どちらかのお寺さんの若いお坊さんが、観光バスで研修にいらしてました。
当たり前だけど、みんな同じ格好なんですね。眼鏡もみんな黒ふちの枠で。

2007/11/21詩仙堂庭園

詩仙堂のお庭です。
手前に丸くきれいに刈り込まれた木が、「さつき」です。
奥に紅葉したもみじが見えますが、さつきの咲く季節は、
この紅と緑の配色が、逆になるのでしょうね。
その季節にも見てみたいものです。
今回は、お客様も多かったので、なかなか難しいですが、
このお庭を心静かに眺めていると、気持ちが良さそうな気がします。
穏やかな気持ちになれそうです。

2007/11/21詩仙堂 もみじ

陽が射してきたスキに、パチリと。
葉先が紅く染まり始めていました。

詩仙堂は石川丈山によってつくられ(当時は詩仙堂の名ではなかった)
学問をして過ごしたという。
この庭の作庭も、石川丈山によるという。
この人の書の中にある、隷書(れいしょ)体は、私の好きな書体でもある。

ああ、いつか。繁忙期ではない時期に、もう一度ゆっくり来よう。


続きはまた。

先日、ご報告の通り
京都まで行ってまいります。
大好きな京都です。
お墓参りと、観光です。

まだ、これからどこのお寺さんに行こうか
決めなくてはいけません。
寝る時間がなくなっちゃう…


お留守番に、
お庭で咲いた、サザンカの写真を置いときます。

柔らかい、ピンクのフリルのような花びらがキュートなの。
2007/11/21サザンカ


極力、人の多い繁華街は避けていきたいと思ってはいますが、
祇園の老舗の和菓子屋さんも魅力的なのですよ。

出来るだけ、楽しんできます!
薬も持ったし!OKさ。

では。



にほんブログ村 メンタルヘルスブログへブログ村ランキング
↑こちらをぽちっとしてくれるとうれしいです♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。